髭脱毛はどうしたって痛い

ヒゲ脱毛は時として、痛さとの戦いとなります。

 

最近では強い痛さを伴うニードル脱毛から、肌への負担が少ないレーザーや光の照射などが主流となってきたり、

 

痛さを軽減するために冷却しながら脱毛するなどマシンの改良など技術が進歩したりすることで、以前よりは気軽に施術を受けられるようになってきていますが、

 

顔は敏感に痛みを感じるるので、麻酔を使っても人によってはまだまだ苦痛がある場合が少なくはないです。

 

ヒゲ脱毛の苦痛はヒゲそのものを抜くときのもののみならず、レーザーなどを当てることによる肌へのダメージなども当てはまります。

 

それらは施術を重ねることで軽減していくこともありますが、それは慣れによるものが大きく、

 

同じ出力で照射している場合は基本的には回数を重ねることによって痛みが減っていくことはあまりありません。

 

それでも徐々に回数を重ねていくうちに、ヒゲ脱毛の本数減って伝わる熱も減るので痛みは減ります。

 

ただし、髭が濃いために出力を上げるとやけどのリスクがあるため、出力を下げて髭を減らしていた場合、

 

髭が減ったことで出力をあげてより効果を高めようとするので、痛みが強く出る場合もあります。

 

これは、光脱毛でも同じで、もともと出力をあまり上げられない脱毛サロンやエステでは痛くなくても、

 

医療機関で出力を上げて照射する場合、レーザーと同じように痛みがでます。

 

つまり、効果は落ちますが出力を下げることで痛みを軽減させることは十分に可能なのです。

 

そのため、施術中に痛みを感じるのであれば、迷わず医師やスタッフに相談することが大切です。

 

痛みの感じ方は人それぞれ違うので、その人の痛みはその人本人でないとわからないのです。

 

またヒゲ脱毛のダメージを出来るだけ軽くする方法として、施術の期間中にしっかりと肌のお手入れをしておくことが挙げられます。

 

可能な限り苦痛を軽減させ、また施術で受けた肌のダメージを早めに修復することで、痛さを和らげることが可能となります。

 

その際、クリニックやサロンの医師やスタッフなどがアドバイスや指導をしてくれることが多いので、それにしたがってケアすることもかなり効果的です。

 

最近では出来るだけ痛くない方法による施術がどんどん開発されています。

 

また、徐々に肌が慣れるように工夫されたものもあるため、何度か経験することで苦痛から解放されていく可能性も高くなってきています。

 

それでも、先述した通り、ヒゲ脱毛の回数と痛みは必ずしも関係があるとはいえないため、

 

医師やスタッフなどとコミュニケーションを図りながら行っていくことが重要であり、それにより快適にヒゲ脱毛を受けることが可能となるでしょう。