ケノンで髭脱毛しても自宅でできるというメリットだけです

ケノンは気軽に自宅に居ながら、エステサロン並みの高出力のフラッシュ脱毛ができる家庭用の脱毛器です。

 

脱毛だけではなく美顔器兼用ですので、男性のヒゲ脱毛としても使用できます。

 

自分のペースに合わせて好きな時にフラッシュを照射するだけという簡単な使用方法で、フラッシュの強さが10段階調節できるようになっているので、

 

部位ごとに痛み等を確認しながら出力を調整することが可能です。

 

使用する前と後に付属している冷却剤でヒゲを冷やすと照射時の痛みを軽減してくれたり、照射後のほてりやヒリヒリ感を取り除いてくれるのに役立ちますので使用前後には必ずヒゲを冷やすと良いです。

 

通常ヒゲをそる前や後にローションをつける感覚と同じです。

 

使用後には更に自分に合った保湿クリームなどを塗ればヒリヒリ感を緩和してくれます。

 

いつでも好きな時に数分使用するだけで手軽にヒゲ脱毛ができ、エステサロンに通ったら一年ではヒゲ脱毛は終りませんので、数ヶ月で脱毛が完了するスピード面でも優れています。

 

使用する時の注意点で大切なことは光対策です。

 

サングラスが同封されていますが、実際に照射しているとサングラスの間から光が入ってくる場合が多いので、目を光から守るためには目を閉じて使用したり、アイマスクを使用したりして目を光から守るようにすることをお勧め致します。

 

次に大切なのはお天気です。フラッシュなどで脱毛した後は肌のバリア機能が一時的に低下するため紫外線が多い日の脱毛は避けたほうが賢明です。

 

毛が成長期にある時にフラッシュを照射するのが効果的と言われていますが、体調や天気等を考慮して使用していくことが肝心です。

 

男性の体毛の中ではヒゲの悩みが比較的多いと言われていますが、エステサロンへ通うのは時間と料金や何よりも恥ずかしいという気持ちが強いために敬遠されがちだと推測されます。

 

そんな時にこのケノンを正しい方法で利用すれば、人知れず自宅でヒゲ脱毛ができるので便利で優れた脱毛器です。

 

ただし、ずっとやり続けないと維持することはできないのは、脱毛サロンでの髭脱毛と同じです。

 

脱毛完了したらしばらくは何もしなくてよい状態にしたいのであれば、レーザーで髭脱毛する方がいいでしょう。

 

長い目で見るとずっとやり続けなければならないため、コスト的にとへたるではレーザーヒゲ脱毛を医療機関でやったのと変わらない程度ではないかと思います。

 

メリットは自宅で髭脱毛ができるというだけであることも注意点ということです。

 

本当に完全に脱毛しきりたいのであれば、美容電気脱毛(ニードル脱毛)になりますが、100万円前後の費用がかかるでしょう。

 

レーザー脱毛であれば、10万円〜20万円ぐらい満足できるレベルになると思いますので、ケノンのコストも消耗品の交換や、本体の寿命などを考えれば10ぐらいで元は取れるでしょう。