髭が薄くなればいいという方のために

ヒゲ脱毛といえば、完全にヒゲを無くしてツルツルにするというイメージが強いですが、完全に無くすのではなく適度に薄くしたいという人も少なくはありません。

 

いわゆる減毛に関しては、個人の要望を施術を行ってくれるクリニックやサロンにしっかりと伝えることで、希望に近い形を実現することが出来ます。

 

基本的に施術前にはカウンセリングが行われ、そこでどのようにしたいのかや希望する施術内容、予算や期間などを話し合います。

 

その際に完全にヒゲを無くすのではなく、全体的に薄くする形にしたいことを述べておくことが重要となります。

 

減毛は、毛周期の関係で初めは普通の脱毛と同じような施術を行うことになります。

 

その後、どの程度薄くしたいのかという個人の希望によって施術の内容や回数を調整していき、最終的に理想の形へ近づけていくことが通常です。

 

このとき重要なのは、施術を行ってくれる医師やスタッフなどとコミュニケーションを図ることであり、それは事前に行われるカウンセリングの時のみならず、施術を進めていく過程においても密にしておきましょう。

 

もし両者に食い違いがあれば、高いお金や時間をかけたにも関わらず理想通りにならないことがあるため、必ず意識しておくことが大切です。

 

ヒゲ脱毛は、減毛においても施術の後のアフターケアも重要となります。

 

ヒゲの生え方や濃さは人それぞれなので、たとえ施術の期間が終わったとしても、定期的に観察したり、施術した箇所を保湿したりすることで、ヒゲの生え方を調整しなければなりません。

 

このアフターケアを怠れば、追加で施術のお金や時間がかかることもあるため、こちらも必ず意識しておきましょう。

 

可能であれば、自身のヒゲの性質を良く熟知している医師やスタッフからアドバイスや指導を受け、それを行っていくようにしましょう。

 

また、減毛後に生えてきたヒゲの手入れも怠らないようにし、薄くしたヒゲを上手く活用することが大切です。

 

場所によっては生えてきてほしくないところもあると思いますので、そのこともちゃんと施術側に伝えておくことが大事です。

 

例えば、あごひげは将来伸ばすかもしれないから、薄くするだけでいいけれど・・・頬と首の髭は二度と生えてこなくてもいいなど、

 

部位によって減耗したいところと、完全に脱毛したいところは異なると思います。

 

減耗であれば光脱毛がおすすめ

レーザー脱毛やニードル脱毛の場合、脱毛しすぎたといっても、元に戻すことはできません

 

光脱毛の場合は、いったんなくなってもまた生えてくる可能性が高いので、何十年たっても生えてこないということはまず考えられません。

 

今は薄くしたいけれど、将来的には、はやすかもしれないという考えの方は、光脱毛で髭脱毛しておいた方がいいでしょう。

 

費用や痛みなどから考えても、髭を薄くするだけでいいという考えの方は、レーザー脱毛や、ニードル脱毛だとやり過ぎてしまう可能性があります。

 

完全に脱毛したいところは、レーザーで、それ以外は光でという別の場所で脱毛するとという方法もありです。

 

部位が少なければ、レーザー脱毛もかなり安くすみます。