アトピー肌でもヒゲ脱毛は可能です

アトピー肌であってもフラッシュやレーザー脱毛でヒゲのお手入れをすることができます。

 

ニードル脱毛はより効果が高いのですが、肌への負担も大きいのであまり向いていません

 

特にメンズエステでの脱毛では医療機関のような判断ができないので難しいです。

 

また光脱毛は、脱毛サロンで行う場合(医療機関でも光脱毛しているところもあります)、アトピー症状が出ていれば、医療的な判断はできないので、医師に診断を受けてもらってくださいと言われるでしょう。

 

医療機関でないので、判断できませんし、そのリスクも負えないからです。

 

だったら、はじめから医療機関での脱毛を考えた方がいいでしょう。

 

また施術する部位に炎症などが起きているとヒゲ脱毛ができない場合もあります。

 

アトピーの症状が落ち着いている時であればレーザー脱毛は可能です。

 

照射できるかどうかの判断は医師が判断してくれますので、まずは相談することがスタートです。

 

よほどひどい症状であるとかでなければ、肌の状態を見ながら脱毛をしてくれるはずです。

 

ただし、アトピーの人は健康な肌の人よりも肌が乾燥しがちですので、ヒゲ脱毛でのトラブルや効果を高めるためには保湿をしっかりしなくてはいけません。

 

つまり他の人よりもケアに時間や注意を余計にはらう必要があります。

 

また脱毛の際には肌の状態に応じて出力などを調整するので、健康な肌の人よりも時間が掛かる場合もあります。

 

アトピー肌でも髭脱毛はメリットあり

アトピー肌の人がヒゲ脱毛をすることはメリットが多く、一番はヒゲ剃りによる肌トラブルを減らすことができる点です。

 

ヒゲ剃りをするとアトピーのようなデリケートな肌の人の場合、剃ったあとの毛穴に炎症が起きたり乾燥でガサガサ、粉吹きなどのトラブルを起こしやすい傾向にあります。

 

電気シェーバーでもカミソリでも肌全体に負担をかけるヒゲ剃りはアトピーにとっては負担の多いお手入れ方法です。

 

剃ってキレイにしておきたいけれど、カミソリ負けが怖くてヒゲ剃り自体が嫌だという人もいます。

 

ヒゲ脱毛をすればヒゲ剃りをしなくなりますので、肌トラブルを根本から予防することができるのです。

 

口周りというのは皮脂が多く、ヒゲが生えていると雑菌が繁殖しやすくそれだけでもアトピーの人は肌荒れの元になります。

 

アトピーの炎症以外にニキビや吹き出物が出来やすいという人は多く、乾燥して皮脂が過剰に分泌しているのが原因なのです。

 

ヒゲ脱毛をすれば口周りのムダ毛がなくなることで、雑菌も繁殖しにくくなり肌をいつも清潔に保てます

 

いつもアトピーのせいで肌が荒れていたという人も、ヒゲ脱毛することにより驚くほど口周りの肌がキレイになることが多いです。

 

ヒゲがなくなることで日常のスキンケアもしやすくなります。

 

これまではヒゲがジャマをしていてお手入れができなかったという人もヒゲ脱毛をすることが結果的にアトピー肌の改善にもつながるのです。

 

ただしアトピーの人は、複合的なアレルギー症状を抱えている人もいます。

 

光過敏症など、光に対して反応してアトピーのような症状を出す人がいます。

 

この場合は、レーザーや光脱毛は困難だと思います。