メンズリゼの髭脱毛に盲点はないのか?


メンズリゼは大阪に梅田院と心斎橋院があります。

 

梅田院に関しては2018年3月にレイズウメダビル10Fに移転しています。

 

梅田院はオフィス街でサラリーマンが仕事帰りによるのにとても便利です。

 

もちろん繁華街である心斎橋院のり方が通いやすいという方もいるでしょうが、大阪でありばどちらでも選択できるので便利ですね。

ヒゲ脱毛脱毛コースの弱点は?

メンズリゼの髭脱毛のコースは、他のクリニックでは見られないセットコースがあります。

 

一般的な髭脱毛コースは、口の周りのヒゲ3部位のセットかヒゲの全部位のセットコースが普通です。

 

ヒゲの生える部位といえば、鼻下、口下、顎、顎下、首、頬、もみあげとなります。

 

もみあげと頬は同じ部位となっているところが多いので、5部位の髭脱毛部位に分かれていることが多いです。

 

そして普通は、3部位の髭脱毛セットはたいてい鼻下、口下、顎と決まっていて、鼻下と口下と頬というような選択方法がありません

 

メンズリゼでは、この部位の選択が自由にできるようになっていて、2部位の選択、3部位の選択も、好きな部位を選べるセレクト脱毛コースがあります。

 

つまりより柔軟にヒゲの脱毛して胃部位を選べることになります。

 

また、多くのクリニックでは、顎下のヒゲと首のヒゲが別料金になっていることが多いのですが、メンズリゼではそれが1部位となっています。

 

つまり他のクリニックでは3部位に該当する、顎、顎下、首がメンズリゼでは、顎、顎下(首)の2部位という設定にできます。

 

普通顎下、首の両方で別々に料金がかかるので、これはかなりの利点といえるでしょう。

 

これらを検討するとメンズリゼのヒゲ脱毛コースに弱点や盲点は存在しないといえるでしょう。

料金についての盲点は?

メンズリゼのヒゲ脱毛の料金は1回と5回の料金が設定されています。

ヒゲ脱毛コース 1回 5回
1部位のみ 12,000円 36,000円
2部位セレクト 18,000円 55,800円
3部位セレクト 25,200円 73,800円
全部位 36,600円 98,800円

他のクリニックの髭脱毛料金と比べてみます。

 

項目名1 髭全部1回 髭全部5回
メンズリゼ 36,600円 98,800円

以降1回15,500円

ゴリラクリニック 48,000円 186,192円

以降3年間1回108円

湘南美容クリニック 57,010円 84,400円

6回脱毛

ドクターコバ 25,000円 106,920円

以降1回108円

この表でわかるとおり、6回までの髭脱毛であれば湘南美容クリニックが一番安いことになります。

 

メンズリゼは5回までも湘南コースの次に安いですし、終了後は1回の定価の半額いかになり安くなります。

 

ただし、回数が増えるほど、ドクターコバやゴリラクリニックの方が有利になっていきます。

 

髭が5回で完全につるつるになる人は少ないと思いますので、髭が濃くて20回ぐらい照射が必要な人にとっては、

 

この辺がメンズリゼの盲点、弱点といえるかもしれません。

 

レーザー脱毛機と脱毛効果に盲点は?


毛は、生える部位によって太さや毛根の深さが異なります。

 

男性女性の違いによる毛質も違いますし、同じ男性同士でも毛深さが違うように異なります

 

そしてレーザー脱毛機も使っている光源や仕組みによって、毛質による効果の違いもあります。

 

だから理想的なことをいえば、体質や脱毛の状態によってより効果的なレーザー脱毛機を利用した方がよいことになります。

 

脱毛の実績、症例の多いクリニックでは、たいてい複数のレーザー脱毛機を備えていて、状況によって使い分けています。

 

メンズリゼでは3つの脱毛機が導入されていて、梅田院にも、心斎橋院にも「熱破壊式ダイオードレーザー」「蓄熱式ダイオードレーザー」「熱破壊式YAGレーザー」があります。

 

メンズリゼで髭脱毛に主に使われているのは、熱破壊式ダイオードレーザーで、「ライトシェア・デュエット」という最新マシンです。

 

照射口(ハンドピース)を2種類もっていて、9mm×9mmの狭い範囲を照射できる方を使って、髭のような狭い部位を脱毛できます。

 

(「35mm×22mm」の特大サイズは広い範囲の脱毛を短時間でできます)

 

そのため、一部残したい髭がある場合も対応できますので、ニードル脱毛ほどではありませんが、髭のでデザイン脱毛も可能です。

 

またこのライトシェア・デュエットは、皮膚を吸引しながらレーザーを照射するので、より光源から近いところで照射できるので、低出力でも効果が高いといわれています。

 

冷却装置もヘッドについているので、照射前に冷却ジェルを塗る必要もありません。

 

YAGレーザーは他のレーザーよりも波長が長くより肌の深いところまで届くので、なかなか脱毛できない毛根が深い髭の脱毛にも効果があります。

 

蓄熱式ダイオードレーザーは、今人気のメディオスターNextProが導入されていますが、リゼクリニックでは、男性の髭脱毛では使わない方針です。

 

痛みが少ないので、ゴリラクリニックや湘南美容外科では、男性の脱毛で使われています。

 

また患者の方で希望して選択することもできます。

 

この点、メンズリゼでは患者側側で脱毛機を選べないので、その点を知らないと盲点になるかもしれません。

 

ただし蓄熱式脱毛機の脱毛効果はまだ未知数ですし、痛くないわけではないので、メディオスターNextProが選択できないから、

 

髭脱毛の効果が落ちるということはありません。

 

むしろ、熱破壊式の方が痛みは強くても髭脱毛の実績、症例は多く、脱効果高いので問題ありません。

 

男性への配慮に盲点は?

メンズリゼといっても、完全に男性専門の脱毛クリニックというわけではありません。

 

女性の脱毛を行っているリゼクリニックの中にあります。

 

ただし、男性への配慮として、入り口男性用になっていたり、待合室が女性と別になっていたりと配慮されています。

 

だから院への出入りで入りずらいとか、女性多数の中で待っていなければならないとか言うことはないので、通いやすいといえるでしょう。

 

スタッフ男性看護師もいるので、メンズ脱毛する場合、VIOや太ももの脱毛の照射は必ず男性スタッフが行います。

 

医師や脱毛機は一緒ですが、これらの点では弱点や盲点となるところはありません。

 

予約についての盲点は?

この予約については弱点があるといっていいでしょう。

 

リゼクリニックへの不満として、なかなか予約が取れないという点が指摘されています。

 

リゼクリニックが予約がとりにくいということは、同じ脱毛設備を使っているメンズリゼも当然予約がとりにくいということになります。

 

人気があるがゆえん、キャパを超えてしまったことがあるようで、特に女性の脱毛時期にはかなり混雑していたようです。

 

予約がとりやすいように、予約のキャンセル情報をLINEで配信するなど入して改善を図っている様子です。

 

大阪には梅田院と心斎橋院あるので、予約がどりずらかったら移動ができるので検討してみるのもありかもしれません。

 

診療時間は、平日も土日も夜は20時までなので退社後に通うにはいいと思います。

 

のた梅田のオフィス街に勤めているのであれば、昼休みに予約を取るという手もあるかもしれません。

 

ひげ脱毛であれば、照射時間は15分程度ですので、1時間の昼休みがあれば不可能ではないと思います。

 

この予約がとりないことは大きな弱点ですので契約のときに現在どのぐらいのペースで予約が取れるのかよく確認してからにしましょう。

 

施術接客に盲点はないのか?

メンズリゼの接客はかなり口コミで評判がいいです。

 

とても丁寧に対応しますし、施術を担当するスタッフは全員自身で脱毛機を自分の体に照射し、痛みについて体感しています。

 

だからレーザー脱毛の痛みについてよく理解しているので、照射する増すに心の準備をして身構えることができるように、必ず声がけをしてくれます

 

「ハイ」といってから照射するので、不意に痛みが襲う恐怖がないので、それだけでも楽です。

 

いつくるのかわからない痛みにずっと身構えているのはかなりつらいものです。

 

特に鼻の下と、あごの骨の上は激痛が襲いますので、その痛みを知ると結構な恐怖です。

 

一部のクリニックやサロンに見られるようなしつこい勧誘や医療機関にありがちな上から目線的な接客はないので、そこにあまり盲点は感じられません。

 

だいたいリゼは脱毛希望者殺到ですから、勧誘などはじめから必要ないわけですしね。

 

痛みへの対応と麻酔に盲点はないか?

ひげ脱毛ではメディオスターNextProを使わないので、痛みは結構強いです。

 

特にひげの濃い人は、最低出力で照射しても最初の1回2回はとても痛いはずです。

 

メディオスターNextProが選択できれば、ひげが薄くなるまでは、それで照射して、薄くなったら熱破壊式レーザー脱毛機でという流れが楽です。

 

それができないので、ある程度が我慢が必要になります。

 

といっても蓄熱式でも熱い痛みを感じるので無痛ではないですので、同時に笑気麻酔を使う人もいます。

 

痛みが心配な場合は、笑気麻酔をお勧めします。

 

ゴリラクリニックのように積極的に麻酔を勧めてはくれませんが、こちらから依頼すれば利用できます。

 

笑気麻酔と、麻酔クリームがありますがどちらも3,240円なので、より痛みが干満に感じられる笑気麻酔をお勧めします

 

肌表面が感覚が麻痺する麻酔クリーム(エムラクリーム)は、肌の奥を熱で破壊する脱毛ではあまり痛みの軽減効果はないからです。

 

笑気麻酔で痛みを遠くに感じることができるので、つらさが半減します。

 

ちょっとよって気分がよくなる感じです。

 

ただし蓄膿症など花に病気を持っている場合や車で言った場合は使用できませんので注意してください。

 

メンズリゼはメディオスターNextProは選択できませんが、前述のように声がけなどで痛みを軽減する努力や麻酔のオプションもあるので、

 

痛みへの対応についてそれほど盲点や弱点となることはないはずです。

 

支払い方法に弱点はないか?

ひげ全部を脱毛するとなると、98,800円ですので、一括で支払うのはちょっと厳しい場合もあります。

 

月々3000円ほどから支払い可能な医療ローンが用意されていますので、審査はありますが支払いはしやすくなります。

 

脱毛コース 一括料金 月定額
2部位セレクト 55,800円 3,000円×20回
3部位セレクト 73,800円 3,300円×24回
ヒゲ全部位 98,800円 3,100円×30回

3回から最大60回払いで月3,000円以上であれば、最大60回にできるので、全身脱毛なども月々の支払額は安くできます。

 

そのほか、クレジットカードVISA・Master・JCB・AMEX・Dainers持つ買うことができます。

 

ただしクレジットカードで分割やリボ払いにすると、14%以上の金利はかかるのでもったいないです。

 

メンズリゼの医療ローンは実質年率8.5%ですから、回数が増えるほどこちらのほうが得です。

 

目的別のローンですので、審査はさほど厳しくはないので、学生やフリーターでも、安定した収入があれば通る可能性は高いですので、

 

葉地面らあきらめずに申し込みしてみることをおすすめします。

 

まあ10万円ぐらいであれば、夏休みにバイトをがんばれば、一括払いできない金額ではないとは思いますけれど。

 

現金、医療ローン、クレジットカードと定番の支払い方法はみな使えるので、この点について、盲点や弱点はありません。

 

ヒゲ脱毛完了までの期間に盲点は?

熱破壊式レーザー脱毛機で、メンズ脱毛の実績も上げているので、5回も脱毛すればかなりひげ脱毛は進むはずです。

 

施術も丁寧なので照射漏れも少なく、万一照射漏れがあっても、安心システムという約束の中で、打ち漏れ再照射を約束しています。

 

もっとも髭の脱毛では体の脱毛ほど、照射漏れがそんな利あるとは思えませんが。

 

追加費用発生の盲点はないか?

メンズリゼの安心保障システムでは、次のことが約束されています。
メンズリゼ大阪梅田・心斎橋院のコース、料金、システムのあら探ししてみた

 

カウンセリング料・初診料・再診料など脱毛の状況を把握するのに追加費用は発生しません。

 

また、万が一照射による肌トラブルが起こった場合には、優先して診療の予約を取ってくれ、治療も無料で行ってくれます。

 

脱毛に関する薬代が追加でかかるという心配はありません。

 

唯一追加でかかるのは、こちらで麻酔を希望したときや、脱毛回数終了後の追加での脱毛ぐらいです。

 

追加費用に関する盲点はまずナイト考えていでしょう。

 

キャンセルや解約に盲点はないか?

予約のキャンセル料金がかかったり、キャンセルしたら1回照射したことになったりなど、不利な取り扱いになるところもあります。

 

メンズリゼはなんと、予約のキャンセル料金も無料で基本的にペナルティーがありません。

 

だからといって、安易な予約は他の患者の迷惑で、自分の予約の取りにくさにもかかわってしまうので、だめですけれど。

 

また万一途中で解約するような事態になった場合、今は医療脱毛も、特定商取引法の適用があるので、解約も返金も可能です。

 

ただし法律にあるように解約手数料がかかります。

 

解約手数料(解約によって通常生ずる損害の額)、50,000円又はご契約残額(未消化役務残額)の20%に相当する額のいずれか低い方の額になります。

 

この手数料は脱毛サロンやエステよりも高い設定ですが、法律で定められています。

 

メンズリゼに限ったことではなく、すべての医療脱毛に共通ですので、この点に関して盲点となることはありません。

 

契約期間に盲点はないか?

脱毛の回数契約で注意しなければならないのは、有効期限があるということ。

 

たとえば5回の脱毛契約をしても、1年以内に受けなければ終了などといったものもあります。

 

メンズリゼは、この有効期間を5年間としています。

 

さすがに5年間もあれば、どんなに忙しくて予約が取れなかったとしても、期限内に消化できないことはないでしょう。

 

また回数消費後は、1回料金は定価の1/2以下の価格でできる特別保証がもらえるので、追加で脱毛したい場合も安心です。

 

中には有効期限が無期限というところもありますが、5年もあれば盲点になるようなことはないでしょう。

 

大阪梅田院・心斎橋院の情報

メンズリゼ大阪梅田院の情報

大阪府大阪市北区梅田2-1-21レイズウメダビル10F
診療時間10:00〜20:00 14:00〜15:00は休診時間
不定休のため新着情報の【休診日のお知らせ】を確認
最寄駅
JR神戸線 大阪駅より徒歩6分
JR東西線 北新地駅より徒歩2分
大阪市営地下鉄四ツ橋線 西梅田駅より徒歩3分
大阪市営地下鉄谷町線 東梅田駅より徒歩6分

メンズリゼ心斎橋の情報

大阪府大阪市中央区南船場4-10-13
HUQUE Building 南船場 5F
診療時間10:00〜20:00 14:00〜15:00は休診時間
不定休のため新着情報の【休診日のお知らせ】を確認
最寄駅
地下鉄御堂筋線 心斎橋駅 徒歩3分
地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅 徒歩5分
JR線 難波駅 徒歩15分
近鉄線 大阪難波駅 徒歩15分
地下鉄四つ橋線 本町駅 徒歩7分
地下鉄四つ橋線 なんば駅 徒歩15分
地下鉄長堀鶴見緑地線 西大橋駅 徒歩7分
地下鉄長堀鶴見緑地線 長堀橋駅 徒歩12分